「子どもの脳は6歳までにほぼ完成する」といわれます。この時期に適切な教育を行うことで、思考力や想像力などの非認知能力が高めることをご存じでしょうか。

教育といっても、文字の読み書きができない子どもに勉強をさせるわけではありません。知育玩具などのおもちゃを使い、「幼児教育」を行うのです。そこで今回は、国内外の教育施設で実際に行われている幼児教育の特徴や定義、効率的に進めるコツを解説します。

幼児教育とは?早期教育との違いは?

単に幼児教育といっても、さまざまな手法が存在します。まずは、幼児教育の基本からおさらいしていきましょう。ここでは、幼児教育の定義や特徴、一般的な早期教育との違いを解説します。

幼児教育の定義

幼児教育とは、1歳頃から6歳頃までの「幼児」を対象とした教育の総称です。人として生きていく力、いわば「人間力」を培う目的で行われます。

幼児教育には、思考力や表現力、社会性といった非認知能力を高める狙いがあります。さらに子どもの内面にアプローチし、人格形成を促したり、心身ともに健康な状態を維持したりすることが幼児教育の本質です。

学研ステイフルの知育玩具は、仕組みに特徴があります。確かな実績をもとに作られる知育玩具は子供の脳の発達や関心などを的確にそそってくれるので、子どもの食いつきもいいです。ロングセラーの商品としては「ニューブロック」シリーズが有名であります。

「生きる力」を養う3種類の幼児教育

幼児教育には、「生きる力」を養う3つの教育方法があります。

  • 保育園などの幼児教育施設での教育
  • 家庭での幼児教育
  • 地域社会における幼児教育

1つ目は、「保育園などの幼児教育施設での教育」です。幼児教育施設に通う年齢になると、必然的に同年代の子どもと関わるようになります。集団生活を通じて、家庭内では学べなかった文化・風習・礼節に触れることが、子どもの社会性を育みます。

もう1つは「家庭での幼児教育」です。家庭で親から受ける愛情は、子どもの成長基盤となります。親が何かを教えるのではなく、「たくさんの愛情を注げる環境」を用意することが大切です。

最後に、「地域社会における幼児教育」があります。家庭や教育施設だけでは、社会性を養うための「体験」が足りません。地域のイベントに参加したり、自然に触れたりすることで、豊かな心と新しい価値観の形成に繋がります。成長期こそ、新しい体験や刺激を与えることが重要です。

ボーネルンドの知育玩具は、デザインに特徴があります。北欧デザインを彷彿させるおしゃれな製品が多く、新しく子どもが生まれた人への贈り物にも人気です。人気メーカーだけあり、比較的高価な製品が中心です。新品購入すると経済負荷も無視できないため、後述するおもちゃのサブスクなどでレンタルし、遊ばせるのも1つの手でしょう。

幼児教育と早期教育の違い

幼児教育と混合される教育方法の1つに「早期教育」があります。早期教育とは、1〜6歳の幼児を対象にする知識・技術を習得するためのものです。非認知能力に向上にフォーカスする幼児教育とは、実施する目的が違います。

たとえば、小学校入学後は勉強やスポーツを通じて、特定分野における知識・技術を高めていきます。早期教育の場合、入学前に国語や算数、体育などに触れさせることで、学習基盤を構築します。早い段階から予習し、学校での学習を有利にさせるための教育と考えればわかりやすいでしょう。

LEGOという社名は、デンマーク語で「良く遊べ」を意味する「leggodt」が由来とされます。1958年にLEGOブロックの形状規格である「スタッド・アンド・チューブ」の特許を取得。以降、LEGOの座を冠した製品が多数開発・販売されました。なお、日本にLEGO製品が初上陸したのは1962年のことです。

【海外発】幼児教育の代表的なメソッド

幼児教育には有名なメソッドがいくつかあります。ここでは、海外初の幼児教育・メソッドをご紹介します。

モンテッソーリ教育

「モンテッソーリ教育」とは、20世紀初期にイタリア・ローマの女性医学博士「マリア・モンテッソーリ」が提唱した教育法の1つです。幼児教育におけるもっとも有名なメソッドで、考案されてから100年が経過した今日においても、教育現場で用いられています。

モンテッソーリ教育は、子どもが自発的に学ぼうとする「自己教育力」を重視しているのが特徴です。親である大人たちが特定の知識・技術を教えるものではありません。あくまでも、自発的な学びを促すための環境を整え、必要に応じてサポートする役割にとどめるということです。

また、モンテッソーリ教育では、0歳から3歳までを前期、3歳から6歳までの後期としています。2つの発達段階に応じて、適切な教育環境や教具を与えることが重要です。

レッジョ・エミリア教育

「レッジョ・エミリア教育」は、イタリア北部の都市「レッジョ・エミリア」が発祥の教育法です。同メソッドが詠唱されたのは、第二次世界大戦後のことでした。当時、学校教員であった「ローリス・マラグッツィ」はローマで教育心理学を学びます。そして、地元で教育施設を開きました。この施設では行われる幼児教育を「レッジョ・エミリア教育」と総称し、その優れた効果から世界中に広まることとなります。

「レッジョ・エミリア教育」には、上記の「モンテッソーリ教育」に共通する点がいくつかあります。たとえば、子どもの意思や個性を最大限に尊重します。大人は適切な環境の整備やサポートに徹するのが基本です。一方で、同メソッドは「世界でもっとも前衛的な幼児法」とも呼ばれます。

「レッジョ・エミリア教育」を語る上で外せないのが「プロジェクト」です。プロジェクトでは、幼児4〜5人でグループを組み、特定のテーマに対する議論や調査を長期にかけて行います。もちろん、幼児同士でうまく話し合いが進むとは限りません。1グループに対して1人以上の地域住民や大人が加わり、子どもたちがスムーズに議論できるよう見守ります。プロジェクトを通じて子どもたちは、自立性や共同性を培っていくのです。

また、「ドキュメンテーション」という工程もあります。プロジェクトで行われた内容はすべて、テキストや動画、写真に記録されます。施設内の廊下などに展示し、誰でも確認できるようにします。プロジェクトに参加した子どもたちがいつでも振り返られるよう工夫しているわけです。

それに加え、施設ごとに「アトリエスタ」という美術教師が1人以上配置されます。美術教師はプロジェクトやドキュメンテーションに対し、芸術的観点からアドバイスを行います。さらに「ペタゴジスタ」という教育学の専門家も、定期的に施設を訪問します。プロジェクトなどをチェックし、保護者や地域住民にアドバイスします。

こうして複数の大人たちが協力し、子どもの自立性などを育んでいくのが「レッジョ・エミリア教育」の特徴といえるでしょう。

イエナプラン教育

「イエナプラン教育」は、ドイツの「イエナ大学」で教授を務めていた「ペーター・ペーターゼン」が提唱した教育法です。主に小学校で用いられますが、イエナプランな教育方針を採用する幼児教育施設は少なくありません。

最大の特徴は、異年齢で少人数の「ファミリーグループ」と呼ばれるクラスを形成することです。あえて同年齢でくくらないことで、年齢を超えた交流ができたり、下の子は上の子を見て育ったりします。これにより、社会性やコミュニケーション能力、思考力・発信力といった非認知能力の向上に加え、互いの個性を認め合える人間に育つと考えられています。

シュタイナー教育

「シュタイナー教育」は、20世紀初頭にオーストリアの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した学校教育法です。子ども1人ひとりの個性に着目し、保育園・幼稚園から大学まで、幅広い教育施設で実践されています。

「シュタイナー教育」は「人間は7年周期で成長する」という理論のもと、0〜7歳までは「意思」、7〜14歳までは「感情」、14〜21歳までは「思考」にフォーカスした教育を行います。

「幼児部」にあたる0歳〜7歳の子どもには、遊びを通じて創造性やクリエイティビティを育むためのカリキュラムが用意されています。身体を動かす遊びを積極的に取り入れており、エネルギッシュで意志力の高い子どもに育つよう、さまざまな教育が行われます。

ピラミッドメソッド

「ピラミッドメソッド」は、1968年にオランダ政府が設立した「オランダ王立教育評価期間(Cito)」により完成された教育理論です。名前の由来ですが、ピラミッドを支える正方形の「底」からきています。主体性・保育者の支援・親の寄り添い・親と子どもの距離感といった4つの要素をピラミッドにおける「基礎石」と捉えます。その基礎の上に理論と実践を積み上げ、人格形成や非認知能力の向上を図るのが目的です。

【国内発】幼児教育の代表的なメソッド

日本においても、独自の幼児教育理論が存在します、ここでは、国内発とされる幼児教育のメソッドをご紹介します。

石井式教育法

日本の教育学者である「石井勲」氏が提唱した教育法です。幼児の記憶力の高さに着目し、0〜6歳に間に効率的な言語教育を行うことで、非認知能力の向上を図ります。「豊かな言葉が豊かな心を形成する」という理念のもと、漢字教育を行ったり、カードや絵本でひらがな・カタカナを学ばせたりします。

ヨコミネ式教育法

「ヨコミネ式教育法」は、日本の女子プロゴルファー「横峯さくら」氏の父親である「横峯吉文」氏による教育法です。自発的な思考・行動を促すため、「心の力」「体の力」「学ぶ力」といった3つの軸から教育を行います。徹底的な支援のもと、あえてその子にとって難しい課題を与え、達成させることで自信や自己肯定感を高めていきます。

七田式教育法

日本の教育研究家である「七田眞」氏が作り上げた教育法です。フラッシュカードを使った右脳教育で知られており、高い知識・知性の持つ子どもに育てることを目的とします。その上で、相手を褒めたり愛情を持って接したりするなど、子どもの感性を育むカリキュラムも用意されています。

幼児教育を行うメリットと注意点

数多くのメリットがある幼児教育ですが、親として知っておきたい注意点もあります。ここでは、幼児教育のメリットおよび注意点を解説します。

幼児教育のメリット

幼児教育の最大のメリットは、非認知能力や感性、社会性の基礎を身につけられることです。非認知能力は、家庭あるいは教育施設の中で、自然と醸成されるものです。極端にいうと、早期から教育を行わなくても子どもは育ちます。

しかし、幼児教育を行うことで、非認知能力の成長効率が高まります。早くから思考力や想像力、記憶力が身につくため、小学校入学後の学習において、有利に働きます。また、幼児教育により社会性が身につくと、クラスなどの集団に馴染みやすくなります。結果、人間関係にかかわる問題行動が起きにくくなるとされます。

幼児教育の注意点

早い段階から教育を始めると、子どもに心理的プレッシャーがかかる恐れがあります。個人差が大きいものの、習い事や勉強を嫌がる子どもは少なくありません。あくまでも子どもの意思を尊重した上で、幼児教育を行うことが大切です。

また、非認知能力を高める点は「知育」と類似しますが、これらは別物です。幼児教育は文字通り、0〜6歳の幼児を対象とします。対する知育は年齢を問いませんが、知的能力の向上に重きを置いているため、幼児教育のように運動・芸術・道徳を含まないのが一般的です。どちらも成長期の子どもにとって有意義ですが、混合しないよう注意しましょう。

幼児教育を行う上で大切なこと

ここでは、幼児教育を実践する上で大切な3つのポイントをご紹介します。実際に幼児教育を始めるにあたって、親としてどのように振る舞うべきか確認しておきましょう。

適切な環境を用意してあげる

幼児教育の学習環境は「人的環境」「物的環境」「自然的環境」「社会的環境」の4種類に大別されます。どれか1つではなく、すべての環境をバランスよく整えることが大切です。

人的環境とは、親や保育士といった「子どもと直接関わる人あるいは関係性」を指します。親子はもちろん、保育園・幼稚園などの先生とも良好な関係性を構築できるよう意識しましょう。

物的環境は、子どもの遊び場やおもちゃのことです。知育と共通しますが、子どもの年齢や発達段階に応じたおもちゃを用意することが大切です。自然的環境は、海や山、森などの自然、そして動物との触れ合いの機械をいいます。親子で畑仕事をしたり、生き物と触れあったりする経験は、子どもの興味関心や探究心、感性を磨くのです。

社会的環境は、親や保育士以外の子ども・大人との関わりを指します。地域イベントに参加する、公共施設を利用して人と触れ合うなど、「普段は関わらない人」との接点を持たせることが大切です。

子どもの意思を尊重する

繰り返しますが、幼児教育は子どもの意思のもとに成り立ちます。子どもが拒否する場合、無理強いは厳禁です。子どもが楽しく学べるよう、環境を整備したり親として見守ったりすること重要です。なお、親主導の方針では、子どもの学習意欲や探究心が低下する傾向にあります。やり方を誤ると勉強嫌いになる恐れもあるため、まずは子どもの意思を確認し、尊重しましょう。

遊びを通して学べるようにする

基本的に幼児教育は、遊びを通じて非認知能力などの向上に繋げます。早期から「勉強」をさせたい親御さんは少なくありませんが、文字の読み書きの練習を始めたり、複雑なパズルなどを解けたりするようになるのは、6歳前後です。小さいこどもに勉強を強いるのは無理があります。

そのため、保育園・幼稚園などの幼児教育においても知育玩具が用いられます。知育玩具であれば、楽しく遊びながら幼児教育を行えるためおすすめです。子どもの興味や関心を考慮しつつ、最適な知育玩具を選んであげましょう。

まとめ

0〜6歳は、子どもの脳が著しく成長する時期です。この時期に幼児教育を行うことで、非認知能力やクリエイティビティ、社会性などの向上が期待できます。これから幼児教育を実践するなら、知育玩具は必ず用意したいところです。

知育玩具には対象年齢が設定されているほか、新品では意外に値段が張ります。そこで最近人気なのが「おもちゃのサブスク」です。「ChaChaCha」のように、月額料金を支払うことで、知育玩具をレンタルできるサービスが登場しています。詳しい内容については、「ChaChaCha」の公式サイトをご覧ください。