1歳に入ってくると、お子様の活動がより活発になり始めて目を離した隙にいたずらをされているなんてことが日常茶飯事。親御さんにとっては少しストレスに感じてしまう時期かも知れませんね。ですが、この1歳の時期にお子様がどのようなことを目標に生きていて、獲得しようと必死になっている能力は何なのかを理解してあげることで見え方も変わってくるかも知れません。

1歳〜1歳3ヶ月の世界

生後から1年が経つとお子様はまだ喋ることはできませんが、だんだん言葉への理解が進んできます。いろいろなことをまるでスポンジのように吸収し始めて興味や関心を持ち始める時期です。身体的には指先の発達が著しく見られ、物を掴んだり拾ったりとすることで微細運動を促しています。この時、お子様の世界としては、何となく自分の身の回りで何が起きているのかを理解し始めたことで脳が活発化し、初めて見るものや理解したものへの興味関心が爆発的に起きている状態です。この状態の時に、頭ごなしにダメ!やめなさい!と怒られてはどうでしょうか?せっかく関心を持ち始めたものにネガティブなイメージを持ってしまい、成長の妨げにもなってしまうので、頭ごなしに怒るのではなく、お子様の行動を受容して褒めながらいけないことだということを教えてあげましょう!

1歳4ヶ月〜1歳6ヶ月の世界

この時期になると、指先の機能は器用に動くようになりだんだんと身近な人の動作や仕草を真似するのが上手になってきます。この時に、お子様の興味を持ったことや親御さんと一緒にやりたいと思ったことを積極的にやってあげることで大好きな親御さんと一緒のことができることに喜びを感じます。その為、親御さんが部屋の掃除や洗濯など家事を行っている時に一緒にやりたがってくることがあるかと思います。もちろん自身でやった方が早く終わって楽かとは思うのですが、そこはお子様の気持ちを大切に、尊重して付き合ってあげましょう!

1歳6ヶ月〜2歳の世界

1歳半から2歳にかけては自我が出始めてきて何でも「自分でやりたい!」「チャレンジしたい!」という気持ちが前面に出てき始めます。そこで親御さんは上手にその気持ちを受容しつつ、少しずつできることを増やしていってあげることがポイントとなります。また、言語としても今まで一語文だったのが二語文になってきて、簡単な会話ができるようになってきたり、親御さんがいったことを理解して行動に移すことができ始める時期になります。この時期にはなるべくお子様のやりたい!と思った気持ちを尊重して危険などを保護しつつ見守ってあげましょう。この時に親御さんが危険だからダメ!や時間がないからダメなどとお子様のチャレンジ精神を潰してしまっていると、将来自分でチャレンジして失敗して改善をしてできるようになるという基礎が欠落してしまうことになり、悪影響を及ぼしかねません。

1歳児におすすめのおもちゃ

Cha Cha Chaではそんな1歳児におすすめのおもちゃとして、以下のようなおもちゃを選定基準においています。

積んだものを崩す、開けたり閉じたりする、転がす、振り下ろすなど、行動を起こすことで変化を感じられ、指先や手足の動かし方を学べるもの。