知育は、三育と呼ばれる教育の基本のひとつです。知育玩具を使うと、子どもは遊びながら集中力や思考力を養うことができます。知育玩具は子どもの年齢に合わせて購入するのが効果的ですが、費用面の負担が心配ですよね。そこで今回は、最初に知育の特徴や主な効果を解説し、おすすめの実践方法、お得な知育玩具のサービスなどをご紹介します。

知育の基礎知識とは?

「知育」とは、徳育および体育とともに教育の基本とされる三育のひとつです。いまや知育において必須アイテムといえる知育玩具は1950年代に誕生し、適正年齢は0~6歳頃が目安と考えられています。

知育とは?

知育は、その名の通り思考力や判断力をはじめとする知的能力を育てる教育です。徳と体を育てる教育とともに、教育の基本である三育のひとつに数えられています。

そもそも三育は、英国の思想家であり教育学者としても知られるハーバード・スペンサーの著書『教育論』がベースになったといわれる考え方です。それぞれバランスよく育てれば、知・徳・体の調和がとれた豊かな人格の形成につながると考えられています。

文部省の見解によると、知育は知能を高めること、徳育は道徳心を身につけること、体育は健やかな体を育むことです。高い知能、道徳を大切にする心、健康的な体の3つを育成することは、現在、国内の教育で重視されています。

知育の歴史とは?

いまの知育の定番といえる知育玩具を使った教育スタイルは、1950年代に始まったといえるでしょう。

一般に知育の思想的な起源と認識されている概念は、上記の『教育論』で示された三育の考え方です。最初に本書が刊行されたのは1861年であり、この年に思想としての知育の歴史は幕を開けたと考えられます。

三育の考え方が日本に広まった時期は、さまざまな近代文明が西洋から伝えられた明治時代です。1871年に文部省が設立された当初、福沢諭吉は『学問のすゝめ』のなかで三育について教育の基本と記しています。

それに対し、実践方面で歴史が始まったと見られる時期は約100年後の1950年代です。いま数ある知育玩具の代表格になっているLEGOは、この頃にデンマークで生み出されたと知られています。

知育の適正年齢とは?

知育の適正年齢は決まっていませんが、一般的な目安は0~6歳頃です。人間の脳の大部分は6歳頃に完成するといわれ、この時期に知育玩具などを使いながら脳を刺激すると人格形成に与える影響が大きいと見られています。

近年の専門的な意見をふまえた場合、知育の適正年齢は0歳から6歳頃の範囲に及んでいます。子どもは0歳から好奇心が旺盛であり、知的能力の中身によっては知育で著しく成長すると見込まれます。

また、成長スピードは一律でなく、知育を進めるなかで標準的な結果が得られなくても子どものペースで進めれば問題ないといわれています。

幼児教育における知育の重要性とは?

現代の幼児教育において知育が重要視される理由は、豊かな人格形成を期待できるためです。地頭の良い人間に育ちやすく、IQが向上する可能性が高まる点も注目を集めているる要因に挙げられます。

豊かな人格形成が期待できる

子どもの豊かな人格形成を期待できる点は、現代の幼児教育で知育が重要視される大きな理由です。

人間の人格形成は、脳の発達過程と深く関わっています。子どもは0~1歳頃から視覚や聴覚が発達し始め、自分を取り囲む環境に強い興味を示すとともに周りから刺激を受けると高い吸収力を発揮します。

発達途中にある子どもの脳にとって、周りから吸収したものは人格形成につながる成長の糧です。脳の吸収力が高い時期に刺激を受けるほど多彩な成長の糧が得られ、より豊かな人格の形成につながることが期待できます。

地頭の良い子に育ちやすい

地頭の良い人間に育ちやすい点は、知育を受けた子どもの成長段階に見られる大きな特徴です。

脳に関する最近の理解によれば、3歳頃までの発達状況は成人の8割近くに及び、上記の通り6歳頃には9割に達すると考えられています。つまり、0~6歳頃の知育が脳の発達に大きく関わる可能性が高いということです。

とくに影響力の大きい要素は、一般的な教育に見られない知育ならではの内容です。通常の教育内容は基礎学力の範囲にとどまりがちですが、知育は標準的な教育で得られにくい思考力や判断力、表現力が養われ地頭が良くなると見込まれています。

IQ向上が期待できる

子どもの脳が発達するとき、知育がもたらすと期待され現代の幼児教育が注目する要素のひとつがIQの向上です。

そもそもIQはIntelligence Quotientの略であり、日本語では知能指数と呼ばれます。単に学力レベルや知識量を意味するわけでなく、脳が発達した度合いあるいは周りの環境に対処する知能の高さを表した数値です。

知育は子どもに知識を教え込む教育方法と異なり、自分で考える力を育てることです。学習効果は知能指数に表れやすく、小さい頃から知育に触れることで知能指数が向上することが期待できます。

知育効果とは?

幼児教育で知育がもたらす代表的な効果は主に、集中力、思考力、想像力、空間認識力、巧緻性です。これまでに知られる限りでも知育効果は多岐にわたり、子どもの脳の発達に大きく貢献すると分かっています。

集中力

さまざまな幼児教育の場で、よく聞かれる知育効果は集中力です。子どもは、とくに年齢を問わず興味を抱いたものに集中しやすい傾向があります。

お気に入りの知育玩具で遊んでいるときは、周りの大人たちが驚くほどの高い集中力を発揮することがあります。この点をふまえた場合、知育では子どもが強い興味を示した玩具を用いたほうが集中力を養うのに役立つと考えられています。

思考力

思考力は、集中力と同様に多くの知育を通して得られている効果です。一見すると何気なく遊んでいるだけに見えても、子どもはいろいろ思考している場合があります。

とくに思考力が必要になる知育玩具の代表例は、積み木などのパズルの類です。自由に組み立て、子どもは自分が納得できる形に仕上げられるまで何度でも試行錯誤を繰り返しながら遊び続けられます。

想像力

想像力は、パズルなどで遊ぶ際に完成形をイメージし、試行錯誤を繰り返すなかで得られる知育効果です。

知育で想像力が養われる典型例としては、パズルの完成形をイメージするケースが挙げられます。またイメージ通りの結果にならず試行錯誤するときも多くの子どもは気の向くままピースを並べるわけでなく、どんな組み合わせが完成形に近づくか想像しています。

空間認識力

数々の知育は、空間内における物体の形状や位置関係を把握する空間認識力の育成にも効果的です。

空間認識力が高いと三次元空間のなかで物体の諸々の特徴を素早く理解できるため、とりわけ技術・工学の分野で役立つといわれています。パズルやボール遊びでは空間を認識する力が重要であり、この能力を養う効果は高いと見られています。

巧緻性

手や指先を上手に使う巧緻性の向上も、知育のなかで得られると期待される代表的な効果のひとつです。

最近の知育玩具は、ボールや楽器類をはじめ手先を使いながら遊ぶタイプが少なくありません。思い通りに操作するには手や指先を器用に使いこなすことが求められ、集中力や思考力だけでなく巧緻性を高めるうえでも効果があると評価されています。

代表的な知育の方法とは?

幼児教育で知育に取り組むときの代表的な方法は、知育玩具を活用するスタイルです。その他に知育アプリや知育ゲームを使うケース、また子どもを知育教室に通わせるパターンも見られます。

知育玩具を使う

知育で専用の知育玩具を使う方法は、一般家庭を含めた幼児教育の場面で広く選ばれているスタイルです。

子どもの知育を目的として開発された玩具は、通常のものに比べると五感を刺激するのに優れている特徴があります。専用の知育玩具で遊ぶと、集中力や思考力の育成をはじめ脳の発達に多大な効果を発揮します。

最近の知育玩具は、バリエーションが豊富です。なかでも、多くの幼児に喜ばれている人気の玩具にガラガラや打楽器があります。ガラガラは手で振ると魅力的な音が鳴り、打楽器は手や付属のバチで叩きながら演奏を楽しめます。

幼いうちは好奇心から何でも口に運びがちですが、いまの知育玩具は清潔に保てる素材が用いられているため安心です。遊ぶときの楽しさとともに使用時の安全性からも、知育玩具は知育に適したアイテムとして定評があります。

知育アプリや知育ゲームを使う

知育アプリや知育ゲームも、子どもの脳の発達に効果があると見込まれている代表的な方法です。

近年はスマホやタブレット端末が幅広い年齢層に普及し、さまざまなアプリやゲームが開発されました。ネット上には、それぞれのユーザー向けに各種のコンテンツがあふれています。

知育の分野も同様であり、現在、コンテンツ数は増加中です。いろいろ工夫された内容が珍しくなく、多くの子どもが楽しんでいます。無料コンテンツを選べば、親が目を離している間に子どもが誤って課金する心配もありません。

スマホやタブレット端末にインストールしておけばどこでも手軽に遊べるため、知育アプリや知育ゲームも知育に適した使い勝手のよいアイテムといえます。

知育教室に通わせる

専門家による知育を経験したい場合、子どもを知育教室に通わせるのも選択肢のひとつです。

昨今は、夫婦で共働きしている家庭が多く見られます。知育教室を活用すれば、子育てに専念する時間や余裕がないときでも知育を始めることができます。

現在は全国各地に知育教室があるため、まずはご自宅の近隣エリアで探してみましょう。専門家が在籍し、良質な指導を受けられる施設が一般的で、施設によって多様なコースが用意され、子どもの年齢や興味に合わせて選択できます。

親が忙しく知育まで手が回らなくても専門家に任せられるところは、知育教室に通わせる大きなメリットです。

知育玩具のサブスクサービスとは?

コストを抑えて知育玩具を使用したいとき、サブスクサービスは利便性の高い選択肢です。とくに信頼感のあるおすすめサービスとしては、「chachacha」が挙げられます。

知育玩具は借りたほうがお得

知育玩具は自分で購入する方法もありますが、販売価格や利用期間を考えると借りたほうがお得です。

知育玩具の価格設定は決して安くありません。とくに人気のアイテムは値段が高くなることが多く、すべての費用を自己調達する場合、家計の負担が重くなってしまいます。

一方、子どもが知育玩具で遊ぶ期間は限定的です。たいてい製品ごとに推奨年齢が設定され、長くは使用されません。また小学校に進学するなど行動範囲が広がると、お気に入りの知育玩具も使われる機会は減っていきます。

子どもは、年齢とともに知育玩具から離れるのが一般的です。販売価格が高くても利用期間は短く、コストパフォーマンス的には購入するより借りたほうがお得になります。

レンタルはサブスクサービスを活用

予算の都合などから知育玩具をレンタルする場合、概してサブスクサービスは使い勝手がよく便利です。

おもちゃのサブスクは、定期的に知育玩具が届けられるレンタルサービスの総称です。利用者が月額料金を支払うと、毎月あるいは隔月のペースで5~6点の知育玩具を受け取れるシステムになっています。

子どもの興味は、成長するにつれ変化します。最初は手放さないほど気に入っていても、すぐに飽きて遊ばなくなってしまうことは珍しくないケースです。新しく買い替える余裕がないからと、関心の薄れた玩具で遊び続けるのは好ましい状況といえないでしょう。

子どもの興味が他の玩具に移ったとき、おもちゃのサブスクなら変化に合わせ何をレンタルするか選べるメリットがあります。

おすすめサービスは「chachacha」

どのサブスクサービスを活用すればよいか迷っているなら、いま注目のおすすめサービスは「chachacha」です。

保育士をはじめ教育のプロがおもちゃを選定するシステムであり、大切な我が子にとって最適のアイテムを届けてもらえます。子どもがレンタルした玩具を気に入ったときは買取が可能であり、無理に返却する必要はありません。

最初に申し込むときは、どのプランを利用するか決めます。届いたメールを確認してからヒアリングフォームに子どもの情報などを入力すると、玩具の選定作業が始まります。おもちゃは1週間から10日で届けられ、2カ月後の交換時期に返却する流れです。

利用手順はシンプルであり仕事や家事が忙しくても簡単に申し込めるので、誰でも使いやすいサービスとしておすすめできます。

まとめ

知育は、子どもの知的能力を伸ばす教育です。豊かな人格形成を見込める点などが教育現場で重視され、集中力や思考力の育成に効果があります。知育玩具を使う方法が代表的であり、おもちゃを買わなくても簡単にレンタルできるサブスクサービスはおすすめです。