親子時間への取り組み

おもちゃから生まれる親子のコミュニケーション

おもちゃのサブスクではお子様の発達に合った適切なおもちゃで遊ぶことで、適切な発育をすることができるようになり、お子様にメリットがある一方、今お子様がどのような状態にあるのか?どんな成長を遂げているのか?などを目に見える形で実感することで親御様にとっても見える世界が変わってきます。

今お子様はどんな状態にあるのか?どんなことにつまずいていて、どんな壁が目の前に広がっているのか?お子様の視線に立ち一緒にその世界を見てあげることでコミュニケーションの取り方も変わってきます。

家族のカタチが変わってきた現代で

今、日本では少子高齢化社会が加速し、子どもの数も年々減っている中で経済の低迷も相まって共働き世帯の増加や未婚者割合の増加、核家族化といった特異形態になっています。それにより、昔と比べ子どもたちは一人で家で過ごす時間が多くなったり、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚などとの関わりが減り、コミュニケーションを取る機会が大幅に減ってきています。近年ではコロナも相まって、同世代との繋がりにも大きな影響が出ていました。そんな中で唯一増えたと言われている「おうち時間」。そんなおうち時間をより充実させ、親子間でのコミュニケーションにも「知育おもちゃ」は有効な手段と言えるでしょう。

Cha Cha Chaが作る

新たな子育ての「カタチ」

働く人への取り組み
地球環境の保護